肝臓の不調にはオルニチン・タウリンのサプリが効く

飲み過ぎ

みなさん肝臓は大事にしていますか?
健康診断で肝臓の数値が悪い結果が出てしまった方はいませんか?

 

年をとる毎に肝臓はお酒への耐性をなくして行き、気が付かない内にボロボロになってしまいます。
二日酔いが酷いという方、ただ飲み過ぎたというだけではなくすでに危険な状態かもしれません。

 

肝臓は体を健康に保つ上でそれほどに重要な器官なのです。

 

今回はそんな重要器官、肝臓を大事にするのにオススメなオルニチンとタウリンという成分についてのお話です。

 

オルニチンの効果

しじみ汁

最近テレビCMでもオルニチンという言葉をよく耳にすることがあると思います。
おおざっぱに肝臓に良いというこことは知っていてもどういう理由で効果があるのかという詳しいことは知らない方が多いのではないでしょうか。

 

オルニチンとはアミノ酸の一種で、細胞や血液の中に存在しており肝臓の働きに大きく影響のある栄養素です。
血液中にとけ込み、体内を循環し、肝臓に戻ってきた時は有害物質(アンモニアなど)を解毒するといった働きをします。

 

アンモニアは人体にとって非常に厄介で生命活動に必要なエネルギーや脳を活動させるために必要なエネルギー生成を阻害してしまいます。

 

肝臓ではこのやっかいなアンモニアの分解にオルニチンの助けが必要としているわけです。

 

元々体内にも存在していますが基本的には体内で生成されているオルニチンでは量が足りず、体外から摂取する必要があります。

 

オルニチンを多く含む食品としては魚介類が挙げられますが中でもシジミがその代表格となっています。

 

肝臓の異常は気づきにくい

体調不良

肝臓は体内でも大きな部類の臓器で、すべての血管内の血液は心臓に戻る前に必ず肝臓を経由していきます。

 

肝臓は再生力がとても高く大部分を損総称しても自己再生してしまうほどです。
しかしその高い再生力故に、機能が弱まっても自覚症状が感じ取れず本人は気が付かないままである場合が多いという実情があります。

 

このため大体の方は体に異常はないと思いながら健康診断に望んだ結果、肝臓の数値の悪さを指摘されてここではじめて肝臓の異常に気がつくことが多いのです。

 

お酒と脂肪肝

医者

お酒に含まれるアルコールは飲む量を間違わなければ体に良いとされています。

しかし多くの場合は飲み過ぎの傾向にあり、肝臓に大きな負担をかけています。

 

脂肪肝という言葉をご存知でしょうか?

 

脂肪肝には2種類あり、アルコール性と非アルコール性があります。
この内、アルコール性脂肪肝はお酒の飲み過ぎが原因で発症してしまったものです。
(非アルコール性は食べ過ぎが原因で発症)

 

お酒に含まれるアルコールは体内に入ると胃や腸から吸収され、肝臓へとやってきます。
そして肝臓でアルコールを分解するわけですがこの時、肝臓は細胞を変質させながら処理を行っています。

 

上記でも触れた通り肝臓は非常に再生力が高く、アルコールの分解が終わればまた肝臓は元通りに再生してしまいます。

 

しかし、お酒ばかり飲んでいると肝臓は常に変質し続け、大きな負担となってしまいます。

 

また、同時に肝臓は中性脂肪を代謝させる働きがありますが、お酒を飲み過ぎているとアルコールの分解にかかりきりで中性脂肪がどんどん溜まっていきます。

 

つまりお酒の飲み過ぎで肝臓が手一杯になり他の仕事まで手が回らなくなってしまうということですね。

 

この結果、通常10%程度の肝臓の脂肪率が30%を超えた時点で脂肪肝と診断されてしまいます。

 

オルニチンと肝臓と二日酔い

 

お酒を飲み過ぎるとアルコールの分解で肝臓は疲弊し、作業が手一杯となり中性脂肪の代謝が行えなくなり脂肪が肝臓に溜まってしまった結果、脂肪肝を発症。

 

さらにアルコールから分解しきれなかったアセトアルデヒドが血液に流出、頭痛や吐き気といった二日酔いを引き起こしてしまいます。

 

このように二日酔いとアルコール性脂肪肝には密接な関係にあります。

 

さて、こうなると二日酔いはともかく肝臓の疲弊、脂肪肝になってしまうのをなんとかしなければいけません。

 

ここでオルニチンが大きな助けとなります。
オルニチンが直接肝臓を修復するというわけではありませんがアルコールやアンモニアの分解、代謝を促進させる効果があります。

 

つまり肝臓の仕事を減らしてくれるというわけです。

 

これにより肝臓は中性脂肪の代謝に手を回す余裕ができるので肝臓から脂肪を追い出し、脂肪肝を防ぐことが出来ます。

 

オルニチンは体内でも生成されますが、お酒をたくさん飲んだ場合量が足りず外部からの摂取をすることが望ましいと言えます。

 

また、加齢によってもオルニチンの生成は減ってしまうので健康維持のためにオルニチンの摂取を日頃から行うのも良いでしょう。

 

肝臓に効くおすすめのサプリメント

レバリズム-L

レバリズムL

名前の通り肝臓に大変良いとされる人気が高いサプリメントです。

 

オルニチン・タウリンを多く含むシジミを主成分としておりお酒好きな方には大きな助けとなります。
また牡蠣エキスも同様に多く含まれており、そこに含まれるタウリンには弱った肝臓を修復する効能があります。
さらに肝臓に溜まってしまった中性脂肪の代謝を促進させる働きもあります。

 

詳細はこちら

肝パワーEプラス

肝パワーEプラス

売上数が300万個を突破しているとても今現在勢いのあるサプリメントです。

高いリピーター率と多くの方が効果を実感しているようです。

 

主原料をニンニク、南高梅、牡蠣としておりラインナップを見ただけでも体に良いことは見て散れます。
特にビタミン類がこれほどとれるサプリメントは他になかなか無いでしょう。

 

詳細はこちら

協和発酵バイオのオルニチン

協和発酵バイオのオルニチン

医療用アミノ酸を開発、製造している協和発酵バイオから発売されているサプリメンとです。

なんと1粒にしじみが300個分に相当するオルニチンを含んでいます。
医療用品メーカー製というのも安心感の高さが伺えます。

 

朝起きるのが辛い、ダルさが気になるという方が摂取した所、毎朝スッキリ起きれるようになったという報告がたくさんあります。

 

詳細はこちら

海乳EX

海乳E

名前の通り海のミルクこと、牡蠣をふんだんに使用したサプリメントです。

2粒で牡蠣5個分の栄養素を摂取できます。

 

19種類のアミノ酸、14種類のミネラル、6種類のビタミンを含んでいます。
特に肝臓の活動に大きな助けとなるタウリンの含有量の多さが際立ちます。
疲労回復、精力促進、薄毛対策などにも効果があります。

 

詳細はこちら

 

二日酔いの原因

 

最近お酒を飲んだ後、二日酔いに悩まされているという方居ませんか?
朝から仕事へ行かないといけないのに頭痛、吐き気が酷いなんていうのは嫌ですよね。

 

この二日酔いの原因は主にアセトアルデヒドという物質が引き起こしています。

 

アセトアルデヒドは頭痛や吐き気、動悸などを起こす働きがある有害物質で、タバコ等にも含んでいます。

 

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解された後、酢酸へと分解されます。
酢酸は体内をめぐり最終的に水、二酸化炭素などに分解されて、尿や吐く息などとして排出されいきます。

 

しかしお酒を飲み過ぎた場合、アルコールから分解されるアセトアルデヒドの処理が追いつかず、血液中に流れだしてしまい頭痛や吐き気などの症状となってしまうのです。

 

オルニチンとタウリン

 

オルニチンと一緒に摂取ル栄養素としてオススメなのがタウリンです。
サプリメントの紹介でも少し触れましたが、タウリンにはオルニチンと違う効果で肝臓の働きを良くしてくれます。

 

オルニチンがアルコールやアンモニアの分解を助ける効果があるのに対してタウリンは肝臓自体の疲弊の原因、活性酸素を除去する効果があります。
また肝臓の弱った細胞を修復し、正常な状態に戻す助けにもなります。

 

このためオルニチンとタウリンは同時の摂取が望ましいと言われています。

 

 

オルニチンを多く含む食品

 

オルニチンを効率よく摂取するにはやはりサプリメントを使う方法がおすすめですが日常的な食事からでも摂取することは可能です。

 

主に魚介類に多く含まれておりシジミに10.7〜15.3mg、キハダマグロに1.9〜7.2mgほど含まれています。(いずれも100gあたり)

 

またチーズにも0.8〜3.5mgほど、エノキダケには14.0mgほどのオルニチンが含まれています。

 

しかしオルニチンはアミノ酸の中でも他に比べ中々外部からの摂取が難しい栄養素となっています。

 

やはり当サイトでは食事で補いつつもサプリメントで補充するのが一番良いのではないでしょうか。

 

また、オルニチンをサプリメントから摂取しているからといってお酒を飲み過ぎては意味がありません。

 

肝臓の数値が悪いと健康診断で宣告されてしまったらお酒を控え、食生活を見直し、適度な運動を行い、その上でオルニチンを含むサプリメントを摂取するべきです。

 

まずはあなたの生活習慣の見直しから、それが肝臓への一番の健康の近道と言えるでしょう。